SELECT STORYTOP ≫  2017年07月

2017年07月

スポンサードリンク

荒崎海岸で素潜り&旅館「荒崎海音 さがみや」に泊まってみた

最後に荒崎海岸へ素潜りに行ったのは、いつだろう?

恐らく、会社員時代の後輩君たちと行ったのが最後だった気がする...
と思って調べてみたら、2014年8月のことでした。

kawahagikun_800.jpg

時が経つのはホント早い。あれからもう3年経ったんですね(遠い目)

年を取るのはもはや嬉しくないけれど、逆に言えばそれはこの3年間、
世間の荒波に揉まれながらも何とか乗り越えてきたという事でもあって、
ちょっと自分を褒めてあげたい気もします。

そんなラスト素潜りから3年経過した今年の8月。

たまには気分転換&リフレッシュもしなきゃ!と思い、荒崎海岸での素潜りと、
以前から気になっていた荒崎の旅館、「荒崎海音 さがみや」に行ってきました。

ところが...前日まで晴れだったのに、その日は天気が大荒れ。

荒崎到着まではまだ曇りだったのに、いざ素潜り!と海岸へ向かうと小雨が降りだし、
雷がゴロゴロなり、遠くから真っ黒な暗雲がグングンと近づいてくる状況。

arasakiooare_800.jpg

波も結構荒れ気味で、結局、荒崎海岸では1回海に入っただけで、
早々に宿へと退散となりました。

せっかく久しぶりの素潜りに備え、道具を買い直したり、色々準備もしてたので、
この結末にはガッカリ😞

まあでも、良い方向に考えると、3年ぶりに海に潜ることはできたわけだし、
宿に戻った直後に大雨ドシャ降りで嵐のような状況になったわけなので、
むしろラッキーだったのかもしれません。

そしてお待ちかね。さがみや自慢の夕食タイム。

akazaebitosagamigani_800.jpg

相模湾で獲れた貴重な地物のアカザエビに相模ガニ(別名ミルクガニ)。
荒崎ガニと呼ばれたりもするみたいですね。


kawahaginitsuke_800.jpg

こちらは新鮮な地物のカワハギまるごと一匹煮つけ。

...などなど、これでもか!というぐらいの種類とボリュームの料理が出てきて、
久しぶりにノックダウン寸前までご飯を食べました(笑)


でも不思議と翌日は胃もたれとかなくて...

sagamiyachoushoku_800.jpg

朝食もガッツリいただきました。

味付けも全体的にさっぱり薄目で上品でしたし、
きっと素材そのものが新鮮で、体に良い食材しか使ってないのでしょうね。

ちなみに今回はどうやら他の宿泊客がいなかったようでとても静かに過ごせたのですが、
眺めの良いお風呂にも、ザ・貸し切り状態で入れたのがとてもラッキーでした。

sagamiyaofuro_800.jpg


そんな、今回初めて泊まった「荒崎海音 さがみや」さん。
荒崎海岸の入り口にある荒崎公園の敷地内にあるという海遊びには抜群のロケーション。

sagamiyaokujoukaranonagame_800.jpg
#屋上からは荒崎海岸が一望できます

きれいで雰囲気のある旅館なので、ゆっくりと部屋で海を眺めながら過ごすとか、
地物の新鮮な魚介を食べまくりたい!という人にもおすすめです。

荒崎海岸での素潜り、果たして近日中にリベンジなるか!?




| 2017年07月01日 | 趣味 |
スポンサードリンク
Copyright (C) SELECT STORY. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。