SELECT STORYTOP ≫  ワイン ≫  自然派ワインを飲み続けてきて思うこと

自然派ワインを飲み続けてきて思うこと

スポンサードリンク
このブログでも何度か自然派ワインショップのことを書いてますが、
ここ最近、ほぼ1日1本(以上かも?)ペースで自然派ワインを飲んでます。
基本的には自宅で夕食時に飲んでいるんですが、外食する時でも、
自然派ワインを置いてる店が候補に上がるケースが多いんですよね。

まだ自分自身、自然派ワインについてエラソーに語れる程の
知識も理解もないんですが、それでも自然派ワイン独特とも言える、
あのきれいな感じというか、清涼感のあるというかピュアな感じが
飲んでいてもホッとするというか、好きなところなんだろうなーと思います。

といっても、いろいろと飲み比べるとやはりそれぞれ個性があって、
その中でも自分がそういう系統が好きなんだろうなということが、
ようやく最近わかってきたかなーという感じです。

pur_jus.jpg

↑は初めて飲んだ時に「これは旨い!」と思ったPur Jus(ピュール・ジュ)。

ラベルを見ればわかりますが、100%のピュアなジュースって意味です。
(結構ジャケ買いすると当たりワインだったりします)

といっても、もちろんただのジュースじゃなくて、ワインなんですが、
それでも名前通りとてもピュアで、雑味のない感じが素敵なワインです。
でも、味は薄いわけではなくて、嫌な感じのしないシッカリ感もあるという。

確か自然派ワインに出会ったのが、昨年の夏〜秋頃だったので、
そろそろ出会って一年ということになるんですが、こうして一年前は
全く知らなかった世界が広がるのって面白いし、楽しいですよね。
それに、ワインを通じての出会いがあったり、自分の生活スタイルを
見直すきっかけになったりして。

一年後の自分が自然派ワインとどうつきあってるのかわかりませんが、
きっとまた新しい出会いがあることを期待しています。




| ワイン |
スポンサードリンク
Copyright (C) SELECT STORY. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。